コロイド銀、銅

コロイド銀は、多くの細菌を殺すことが証明されています。
特に、感染症の治療に有用となるでしょう。
コロイド銀に限らず銀の有用性は数千年前から報告されています。
かつて、ヒポクラテスは皮膚の腫瘍や創傷の治療に銀を使用したと言われています。

個々数十年で人気が上昇傾向にあるコロイド銀ですが、必ず遮光ガラス瓶に入った製品のみを使うようにしてください。
プラスチックのものも見られますが、質の悪いものが多いように思えます。
コロイド銀のペットへの投与方法は飲用水に加えたり、口内に直接投与したりすることでしょう。
医師や製造者の提示にしたがって適切な用量を与えるようにしましょう。

 

銅は、犬と猫には欠かすことのできない栄養素であるとされます。
ベドリントンテリアやウエストハイランドホワイトテリア、及びドーペルマンピンシヤーなど、一部の犬種は銅の過剰に非常に敏感です。
これらの犬種に与える場合には特に注意しましょう。
銅への特別な過敏を持っている動物には、銅が添加されたミネラルやサプリメン卜を与えてはないと指導する医師もいるほどです。
また、このような動物に与える食事はレバーや全粒穀物、豆類などの銅を豊富に含む食事にも注意するようにしましょう。
今までのペットと同様の食事を与えても過剰摂取となってしまうことが知られています。

銅の補給には十分な注意が必要です。
犬や猫にとって必須の栄養素でありますが、バランスのとれたミネラル製剤の形でのみ行うべきと主張する専門家が多く見られます。
殆どの場合で銅単独のサプリメント補給は避けるようにするべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です